kokusodan2015

全国のみなさん
ぜひ、新たな告訴・告発 「2015年告訴」 に参加してください!

福島原発告訴団は、2014年に発刊された岩波新書『原発と大津波 警告を葬った人々』の著者で元国会事故調協力調査員である添田孝史さんの協力による新証拠と、一部公開された政府事故調の調書の事実などから、2015年1月13日、団長・副団長ら14名で、直接的に津波対策を葬ってきた東電や保安院の担当者らを告訴・告発しました。

日本史上最大の公害犯罪で、誰一人その責任を問われない状態をただすため、また、事故の真相を究明し再び同じ悲劇を起こすことの無いよう、告訴・告発によって、ともに責任追及をして下さることをお願い申し上げます。

<告訴・告発人になるための手続き>

1.委任状に必要事項を記入し、押印する。

  (委任状:http://goo.gl/NvnMyQ
  (記入例:http://goo.gl/ZVHizm

2.告訴団への申込書に記入する。

・・(申込書:http://goo.gl/FdOqF5

3.上記1の委任状と2の申込書を事務局へ送付する(3月31日必着)
  (送り先:963-4390 福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1
             「福島原発告訴団 行」)

4.参加費を1人一口1000円(ぜひ二口以上)を指定口座に振り込む
  (振込先:ゆうちょ銀行 
   口座番号:02240-3-136245 口座名「告訴団参加費」)

2015年1月13日新たな告訴・告発に関する記者会見(動画)53分
 https://www.youtube.com/watch?v=Dgh1512WVJc#t=1158
2015年告訴・告発状ダウンロード(105頁)http://goo.gl/r2DpXN
告訴・告発の概要「新たな告訴・告発(2015年告訴)について」(4頁)
 http://goo.gl/TcJwLl
海渡弁護士による告訴状解説(1月16日の集会発言の書き起こし)(3頁)
 http://goo.gl/O1wXWU

******************************************************************
★3月12日(木)18:30より名古屋YWCA「2015年告訴」
説明会を行います。
参加費無料。告訴人にならず話を聞くだけの方も歓迎。
詳しくは http://goo.gl/7mK3B1
***********************************************************************************
★3月14日(土)に本山の生協生活会館で行われる河合弘之初監督作品
「日本と原発~私たちは原発で幸せですか」なごや上映会の会場でも
「2015年告訴」の告訴人申込み書類を配布します。

映画上映は、<午前>10:30-12:45 <午後>13:30-15:45の2回。

参加協力費1,000円(学生。避難生活者は無料)
詳しくはhttps://nihontogenpatsunagoya.wordpress.com
*******************************************************************************

福島原発告訴団は、2014年に発刊された岩波新書『原発と大津波 警告を葬
った人々』の著者で元国会事故調協力調査員である添田孝史さんの協力によ
る新証拠と、一部公開された政府事故調の調書の事実などから、2015年1月
13日、団長・副団長ら14名で、直接的に津波対策を葬ってきた東電や保安院
の担当者らを告訴・告発しました。 s1515
日本史上最大の公害犯罪で、誰一人その責任を問われない状態をただすため、また、事故の真相を究明し再び同じ悲劇を起こすことの無いよう、告訴・告発によって、ともに責任追及をして下さることをお願い申し上げます。

◆被疑事実(容疑) 業務上過失致死傷罪

◆被告訴・告発人
1.酒井俊朗  東電福島第一原発の津波対策の検討実施に当たっていた者
2.高尾 誠   同上
3.西村 某   同上
4.森山善範  元保安院原子力発電安全審査課長
       (独)日本原子力研究開発機構理事(現在)
5.名倉繁樹  元保安院原子力発電安全審査課審査官,
        原子力規制委員会安全審査官(現在)
6.野口哲男  元保安院原子力発電安全審査課長,
       (独)原子力安全基盤機構企画部長
7.原 昭吾  元保安院原子力安全広報課長,
        保安院原子力災害現地対策本部統括班
8.氏名不詳  原子力安全委員会の津波対策担当者
9.氏名不詳  電事連の津波対策担当者

詳しくは、福島原発告訴団のウェブサイトや上記リンクの
2015年告訴・告発状、告訴・告発の概要「新たな告訴・告発(2015年告訴)について」などをご覧ください。

 

<第二次告訴:ここがポイント>
http://goo.gl/3T8Knw

 

広告