仕事納めも押し迫った25日、緊急の呼びかけにも関わらず、約200名の告訴・告発人らが東京地検への申入れ行動に参加しました。

申入れ書は以下のとおりです。
————————————————————————————-

              申   入   書

                        2014年(平成26年)12月25日

最高検察庁 検事総長
大野 恒太郎 様
東京地方検察庁検事正
青沼 隆之 様

                        福島原発告訴団                                           団長 武藤 類子

 東京電力福島第一原子力発電所の大事故からもうすぐ4年の月日が流 れます。そして私たち福島原発告訴団が福島地検に、この事故の真実を 明らかにしてほしい、責任をきちんと追及してほしいと切なる思いで告 訴をしてから2年半となりました。被害を受けた者たちは、今なお過酷 な状況の中に生きています。

 想像してください、一瞬にして家や仕事、そしてふるさとを奪われる ことを。家族や親しい友や地域社会がバラバラにされてしまうことを。 共に暮らした生き物たちを見捨てなければならなかったことを。実りの 秋を彩る稲穂の代わりに積み上げられる放射性のゴミの山を。小川での 水遊びやどんぐり拾いを奪われた子どもたちのことを。一生涯、放射能 の影響による病気や差別を恐れながら生きることを。生活再建のための 十分な賠償もなく、先行きの不安を抱えてしのぐ仮設住宅での暮らしを。 絶望の果てに自死を選ばざるを得なかった心の内を。この原発事故は、 何十万もの人々からそれまで築いてきた人生や暮らし、そして命をも奪 ったのです。

 では、誰が奪ったのでしょうか。その責任は第一に東京電力元幹部ら にあると私たちは思っています。検察審査会は勝俣元会長、武藤元副社 長、武黒元副社長に「起訴相当」、小森元常務に「不起訴不当」の議決を 出しています。検察審査会の議決は国民の総意だと思います。検察の不 起訴理由に異を唱える真っ当な議決であったと思います。検察はその国 民の思いを重く受け止めて頂きたいのです。  検察の再捜査が始まってからも、私たちは起訴を相当とするに十分な 証拠資料を提出してきました。明らかに、大津波が来ることを予見でき るだけの情報を被疑者は把握していました。対策を立てようと思えば出 来たのです。他の原発では実際に対策を行い、難を逃れたのです。対策 を講じていれば、こんな悲惨な事故を起こさずに済んだのです。私たち は、今頃全く違う暮らしをしていたでしょう。こんな悲しい年の瀬を迎 えてはいなかったでしょう。

 私たちは理不尽な被害にあった被害者です。被害を与えた者は、法治 国家の下で司法に問われなければなりません。「巨悪を眠らせるな 被害 者と共に泣け 国民に嘘をつくな」伊藤榮樹元検事総長の言葉です。こ れが検察の本懐でしょう。今こそ、その持てる力で巨悪を撃って下さい。 私たち被害者を助けて下さい。真実を明らかにしてください。不起訴の 判断を勇気を持って見直し、今度こそ起訴の決断を下し、歴史的刑事法 廷の検察官席に、正義の味方として立つことを決断してください。

 下記について申し入れます。  

                記

1.被疑者勝俣恒久、武藤栄、武黒一郎、小森明生を起訴してください。

                               以上

————————————————————

★12月12日の院内集会の文字起こし http://goo.gl/qY4GKA

「検察は起訴すべきである」(古川元晴×船山泰範×海渡雄一)

避難者、被害者、告訴人らが切々と東京地検前の路上で中の職員に訴えかけています。

 

20141225 UPLAN福島原発告訴団:不起訴は許さないぞ!東京地検前緊急行動

 

 

会津若松から片岡さん:4年近くがたち、疲れはてて、もうおしまいにしようと思ったら、それもできます。でも、やっぱり・・・・おかしいです!。12万の人達が未だ家に戻れないのに。誰も責任をとる人がいないなんて、おかしいじゃないですか。

三春町の八木沼さん:ためらいながらも涙声で・・・(3年9ヶ月の思いを分かるか!)悪いことをした人が罰せられない、心から謝りもしない。そんな世界が本当に当たり前の世界なんでしょうか。こんな世界で子どもたちがまともに育つはずがありません。

茨城の谷田部さん:もう、どうやっても取り戻せない汚染のために、私たちは苦労している。ただ、今からでもできることがたった一つだけある。それは人間の力ではどうにもならない放射能汚染をどうこうすることではない、人間の社会でできる「正義を守る。悪を糾弾する。被害者を救う」ということ。それをやらなかったら、子どもや孫にどう顔向けができようか。私たちは、私たちの奪われたものだけを問題にしているのではない。これから先失うものを問題にしている。この国のこれから。それをまだ手放したくない。起訴しないとしたら、どれほど重要なものを手放すだろうか。

東京の七戸さん:福島は置き去りにされたまま、忘れ去られた状況になっている。3年9ヶ月も検察は東電に強制捜査にも入らないで放置ししている。福島の甲状腺検査で、1回目では大丈夫だった子ども4人にガンが見つかった。これからこういう問題が続々起きて来るかもしれないのに、この事故の責任が問われない。。

武藤類子団長:検察がきちんて起訴してくれれば、こんな悲しい年の瀬を過ごす事もなかった。原発事故が起きなければ、こんな人生を送る事もなかった。今日も地検に申し入れ書を持って来た。最後の最後まで起訴してほしいということをお願いしてきた。

海渡弁護士:この間重要な事実が次々明らかになっている。1997年に7省庁からの津波防災手引きで、津波対策が求められていた。2000年には福島と島根が想定の1.2倍でアウトという最も津波に弱いことが分かっていた。2004年のスマトラ島津波を受けて2006年、このまま津波対策をしないでいると不作為を問われる可能性があると記された保安院の内部文書の存在も明らかになっている。・・・

河合弁護士:知らなかったというだけでも、本来行うべき情報収集を怠っていたということで罪である。

保田弁護士:福島の悲劇を絶対に無にしてはならない。検察審査会の議決を法律のプロとして精査して、起訴すること。一般的注意義務などはいらない。検察に選択の余地はない。起訴する以外にない。

会津に避難している古川さん:子どもには、悪いことをしたら、間違ったことをしたら、謝るよう教育してきた。これから先子どもたちに言い訳ができない。

大熊町から避難している木幡さん:原発のモニターをやっていた時に、津波対策課長だった吉田氏に津波対策をしてほしいと言ったら、「そうですねえ」と言っていたが、社長が「お金がかかるんだから、余計なことを言うんじゃないよ」と。あの時の人たちに今会いたい。彼らと話がしたい。知っていたはずでしょと。

長野へ避難している正木さん:昨日は子どもたちとささやかなクリスマスを祝い、福島で沢山の友だちとやっていたクリスマスのことを懐かしんでいた。子どもを育て上げるまではとりあえず長野で暮らすだろうが、この先どこに落ち着き先を探したらいいのかわからない。子どもたちにも不安定な思いをさせている。新しい生活を築き上げるにも、きちんと責任を裁いてもらわなければ、前に進めない。

佐藤和良副団長:福島や全国の仮設や借り上げ住宅で、12万を超える人々がこの寒空の下で暮らし、心を痛め、疲弊をし精神を病んでいる。原発事故の責任を問わずして歳を越せない。あの原子力ムラを免罪するようなことがあれば、苦しい生活に追いやられて自死せざるを得ない被害者が浮かばれない。

 

広告