930東京第五検察審査会が出した「起訴すべき(起訴相当)」
の議決を受け、東京地検は再捜査を行っています。
同審査会は、東電が事故前、「15.7メートル」の津波
を試算していたにも関わらず、その対策を怠ったと指摘。
そのうえで、「従来の予想を大きく超える津波が襲来する
可能性に関する報告に接していると考えられ、重要な点に
ついて知らなかったという説明は信用できない」と、勝俣
元会長らを厳しく断罪しました。これだけの重大な原発事
故に対して、東電や旧経営陣に何の責任もないわけはない、
回避義務を怠っていたことは明白だ、というのが市民感覚
であることが立証されたものと思います。
さて、東京地検はこの 議決を受け、どのような判断をする
のでしょうか。私たちが心から望む、「真相解明」と「責
任追及」に、必ずつなげていただかねばなりません。

そこで9月30日、院内集会と東京地検包囲アクションで、
私たちの願いをアピールすることになりました。告訴人の
みなさま、支援者のみなさま、参議院議員会館にお集ま
りください!

 

チラシのダウンロード

広告