本日7月31日付け東京第五検察審査会の議決書です。

■ 議決書(PDF)(2014.7.31)
 ・・
★アワープラネットTVによる告訴人、弁護団のインタビュー動画
東電元会長ら3人「起訴すべき」検察審査会 - YouTube(2014/07/31)
 http://www.youtube.com/watch?v=yqGbCTP9aQI

★告訴団代理人 河合弘之弁護士のコメント

「また告訴団の代理人の河合弘之弁護士は「今回の決定は市民の常識にかなった決定である­。特に、原発の安 全策に実質的な権限のあった勝俣氏の責任を認めた意義は大きい。・・­・」市民感情に即した、」と検察審査 会の決定を高く評価したまた、同じく代理人の保田­行雄弁護士は「福島県内では今、健康被害が広がりつつあ る。甲状腺がんを含め、健康被­害がこの事故の本質的な被害である。この議決は、健康被害の刑事責任の追及 にも大きな­励ましになる」と述べた。」


★告訴団代理人 海渡雄一弁護士のコメント

今回の決定は福島人々の被害の重みを理解して出された画期的なものである。
東京電力の役員には、高度の注意義務があることを認めたことは画期的である。
推本には高い権威があることを認めた。
東京電力が推本に基づく対策を実施しようとしていたにもかかわらず、停止のリスクをおそれ、土木学会に検討を委ね、時間稼ぎをしていたと断罪している。
この決定を受け、検察はかならず、4人について起訴して欲しい。
検察が再度の不起訴に持ち込もうと、強制起訴の流れは変わらないだろう。

 

★警察審査会の議決の要旨
http://www.ourplanet-tv.org/files/201...

★IWJ福島による記者会見の模様
(5分30秒頃から)

 

*8.8行動は、検審から東京地検への行動に切り替えます。

みなさん、東京地検へ強制捜査と起訴を求める行動に、結集をお願い致します。

 

広告